聲の形 inner silence 観てきた

おととい(2017年6月24日)、立川シネマシティで『映画「聲の形」 inner silence 極音上映』を鑑賞した。本記事はその感想である。

「シネマシティ恒例の極音上映か〜」と思いそうなタイトルだが、今回は内容が特殊だ。

  • 音声トラックはパイロット音源に差し替え
  • セリフなし
  • 効果音なし

ここでのパイロット音源が「innner silence」というタイトルである。制作初期にコンセプト的に制作された音源を再構成し、Blu-ray版ディスクに新たに収録したものだそうだ。 私は限定版Blu-rayを予約して買ったのだがinner silenceは未視聴で、立川で上映されると聞いてからあえてそのまま視聴せずに当日を迎えた。

続きを読む

ぼくは感想文が書けない

立川シネマシティで『映画「聲の形」 inner silence 極音上映』(音声をパイロット版に差し替え、セリフ無し・効果音無しで上映したもの)を観た帰りに、とにかく感じたことを猛烈に誰かに伝えたくて、感想をしたためることにした。 これはまさしく「作品の感想文」を書くことだな―と頭のなかをよぎった瞬間、ひどく弱ってしまった。というのも、私は「読書感想文」みたいな類が全く書けたことがないからだ。

とはいえ、散りばめられた思いは筋道の通った文にしないと人に伝わらないと思っているので、聲の形の「感想文」は絶対完成させたい。感想文、ねぇ…

思い返すと、何人かにブログの文章を「面白い」とか「アツく書かれているから読んでて楽しい」とか褒めて頂いた事があった。 なんだ、ある程度の文章なら書けるらしいじゃん自分。では、「感想文」と「ブログの文章」は何が違うのだろう。同じ事なのに、前者と後者ではやる気が雲泥の差だ。

昔を思い出して考えてみる。

小学生の回想

担任の先生が、何かの本の感想文―いわゆる読書感想文―を書いてきましょうと言ったので、原稿用紙を4枚ほど持って帰った。4枚書ききる気はさらさらないが。 家に帰ってとりあえず用紙を広げる。本を置く。まあすでに読んだことのある本だから、内容はわかる。

続きを読む

NASの引っ越しをrsyncでやってみる

EDIT: ASUSTOR NASを使ってみた感想について末尾に追記した。

長らくPCのお世話をしている地元の工事会社にNASを導入したのはかれこれ8年前。

当時中学2年だった私は何万円もの機器たちがカード一枚でスパスパ購入されていくのを見て緊張したことをよく覚えている。購入を指示したのは自分だったとはいえど、これから自らの手でいち企業のPC環境を構築するのだとドキドキしたものだ。慎重な運用もあってか、念のためとRAID1にした2台のHDDは今の今まで壊れることなく動いてくれた。

さて、そんな思い出深いNASもそろそろ見切りをつける頃になってきた。転送速度がだんだん下がってきたのである。同じハードウェアながら少しずつ転送速度が下がってくるのだからコンピュータは不思議だ。やはりデジタル回路と言えども、マクロに見ればアナログの世界に生きていることが伝わってくる。

で、何をしたの

思い出ポエムは置いておいて…

今回は古い Buffalo LS-WHGL/R1 からASUSTOR AS1002T への移行をrsyncで行った。以下にいきさつと手順を書く。

続きを読む