ルーターハック Advent Calendar を振り返る

f:id:puhitaku:20181226001750j:plain

今回 ルーターハック Advent Calendar を一人で書いていたのだが、未達となってしまい盛大にやらかしたので、25日の今日、反省記事を投稿して総括とする。「1人 Advent Calendar はマジで大変、ノリでやるものではない」という気持ちが伝われば本望である。

なおこの記事で一旦締めくくりではあるものの、「書けないなら埋めようか?」と話しかけていただいた心優しい方々の投稿がある。感謝を込めてこちらの記事末で紹介させていただこうと思う。

adventar.org

ことの始まり

ルーターハック Advent Calendar をやると公表したのは、もう1ヶ月以上前になる11月24日だった。

この時は酒を飲んでいたので、「埋めたったれオラァ!」と完全に勢いで全部埋めた記憶がある。

次の日シラフに戻り、これは準備せなあかんと奮い立って記事を書くことにした。この時、せめて1日間隔ぐらいに緩和しておけばよかったのだが後の祭りである。

良かった点・努力した点

バッファを確保した

12月1日を迎えるまでに、5〜6記事程度のバッファを設けることに成功した。こんなに前もって何かができることは今までの人生レベルでもそうないのだが、流石に25記事も投稿しなければならないと思うと手を動かすことができた。

3日目の翻訳記事も、大変な分量で2日ほどかかったのだが、事前に仕上げることができた。

事前に計画した

Google Keepに25日間何を書くかについて計画を書き、遅れが発生するまではほぼ実行できた。書いてみたら重すぎた文章についてはスキップしたが。

少なくとも、怠けることはなかった

体力や予定で無理そうな時以外は机に向かい作業をしていた。毎日、帰って何をやろうか考え、実行した。

悪かった点・予想外だった点

予想以上に忙しかった

バッファを設けたのはよかったが、12月頭からこの数日前ぐらいまでは仕事が忙しくなったこともあり、あっという間に食いつぶしてしまった。事前に予想できたはずなのだが、読みが甘かった。

体調には波がある

記事を書くのは体力が要る。仕事に必要な分の体力や睡眠時間を確保したとすると、残りの量は日によって変化することになる。これが少ない時は、帰ってくるともうばたんきゅーである。

進捗は手を動かした量に比例しない

手を動かせば順当に進捗が得られるとは限らない。冷静に考えるとえらくまっとうなのだが、これを事前に思い出すことができなかった。1記事相当の進捗に達するのに3日ほどかかるのもザラだった。一記事あたりの分量を薄めれば記事は増やせるが、クオリティを下げるのだけは嫌だった。

これらを踏まえて

来年もルーターハック Advent Calendar はやると思うが、反省を踏まえて以下のように実施したいと思う。

  • もっと早めにカレンダーを作り、告知する
    • できる限り事前に枠を埋めてもらう
  • 自分で埋められる量をちゃんと考える
  • 無理そうになってきたら、素直に枠を空ける

記事投稿を名乗り出てくださった方々

25日も近くなり、「記事を投稿しようか?」とリプライをいただくことがあった。敬意を表し、助け舟を出していただいた方々の記事をこちらに掲載させていただく。

srchackさんの「LinkIt 7688のビルド手順。(Chaos Calmer 15.05.1)」 www.srchack.org

yamori813さんの「ZRouterの事」 qiita.com