Zopfcode

かつてない好奇心をあなたに。

次なるイヤホンが欲しいのでまとめる

f:id:puhitaku:20191207101838j:plain

Chord Hugo 2 + Etymotic Research ER4SRの音が大好きすぎる。

Chord Mojoからのアップグレードに念願のHugo 2を買って、音的にはこの組み合わせで相当満足してしまった。もうDACについては一生これでいいなと思っているが、しかしイヤホンについては音以外も含めてまだ探れそう。そういうわけで、先日eイヤホンにHugo 2を持参していろいろ試聴した。

「モニター向け」の機材

音を仕事にする人は、音を等しく扱う必要がある。音を等しく扱うには、あらゆる音源を脚色無く聴ける機材が必要になる。「脚色無く聴ける」とはなにか?端的に言うと、「人間の聴覚上フラットに聞こえるもの*1」ということになる。私は音の仕事はしていないが、どういうわけかその方面に音の面白さを見出したクチの人間だ。

そういう機材は一般的に「モニター向け」や「リファレンス向け」というジャンルに分類される。「フラット」であることがモニター向けの特徴ともされるが、フラットを謳いつつ高音シャリシャリ低音ドンドコとかよくある話なので、ちょっと毛色が違う。

私が今まで長いこと使っている Etymotic Research の製品は、モニター/リファレンス系ジャンルのメーカーでも際立つメーカーの一つ。ロングセラーの ER-4S と後継機の ER4SR は、「Studio Reference」を謳うプロユースの機材だ(SRはその略)。音響特性のターゲットとなるカーブを公開していることはもちろん、出荷する全個体で音響特性を計測し、測定結果を同梱するという徹底ぶりには驚かされる。

f:id:puhitaku:20200209152354j:plain
所有するER4SRに同梱された特性レポート

ER4SRの惜しいところ

音に関してはER4SRは申し分ないのだが、長いこと「左右の耳の穴の形が違う」ことによる装着感の左右差に苛まれている。やっかいなことに、ひどいときは聞こえ方まで変わってくる。

イヤーチップをスポンジの細めのやつ*2に変えるといい感じになるのだが、残念ながら音や遮音性も変わってしまうため、先端スポンジ+後ろキノコみたいな謎ピースをニッパーで自作したりしている。でもこういう頑張り方はできればしたくない。

この装着感の惜しさに加え、ER4SRの付属ケーブルは機械的な外力に弱い。いわゆる「Shure掛け」をしてずっと使っていると、1年に満たない速さでユニットの根本が断線してしまった。ケーブルを買ってなんとか対処したが、ER4SRに適応するケーブルはあまり数が多くない。

そういうわけで、ER4SRは音と遮音性は良いけど装着感がベストじゃないな〜と感じているのが、別なイヤホンも手を出したい主な動機になる。もちろんER4SRの音は唯一無二なので、手放したり使わなくするつもりはない。

どんな機材が欲しいか

自分で自分の音の好みがわからなければイヤホンの選びようがないので書き出してみる。

ほしい

  • 聴覚特性がフラット
  • もこもこせず抜けがよいが、ちゃんと存在する低音
  • 15~16kHz以降がストンと落ちる、気張らない高音
  • 近い音と遠い音を描き分けられる正確な描写

できればほしい

  • 遮音性
  • 中〜中高音域の量感(ここが目減りすると楽器の数が変わって聞こえるレベルの影響がある)

ほしくない

  • ユニット数での特性稼ぎ
  • 刺さる高音(「ハイレゾ対応」とかいう寒い謳い文句は今すぐやめろ)

見つけた

eイヤを聴き歩くことn時間、ようやく見つけた。

UE Reference Remastered

定価 (IEM): 約15万円

UE RRは、IEMで多分一番有名なベンダー Ultimate Ears のラインナップの1つ。正直これを知るまでUEのラインナップはいまひとつピンと来なかったが、Reference Remastered To-Go *4 はかなり「欲しい」音に近い。

  • 高音と低音共に相対的に強い(まとめ方は上手い)
  • 1k〜5kHzあたり?が相対的に弱く、無機質的
  • To-Goだと装着感も遮音性もフツーすぎてNG
    • IEMの公称ノイズ遮断性能は26dB
    • 音圧にして95%*5、ER4SRと比較すると減衰量に3%ほど差がある*6

実際のところER4SRに「勝っている」という言い方はできないものの、「IEMにできる」というUEならではの特徴がある。ぶっちゃけていうとTo-Goの装着感と遮音性はER4SRとは比較にならないので、本来の姿であるIEMにして初めて対等に比較できるだろう。おいそれとは買えない価格なのが難しいけど!

Focal Clear Professional

定価: 約18万円

イヤホンではなくヘッドホン。Focalのラインナップは正直全然知らなかった。高級ヘッドホンコーナーで「ER4SRみたいなフラットさが好きなんですが」と店員さんに相談して最初にリコメンドしてもらったのがこれ。

  • 低音が極めて素晴らしい
  • 中音域も素晴らしい
  • 高音の量感が少々強めで20kまで強めに残る印象、このシャリつく感じがあまり好きじゃない
  • オープンエアーに近いタイプなので外で使えない

価格相応の音がするものの、高音のファイナライズが少し惜しい。

Sennheiser HD 800 S

定価: 約19万円

こちらもイヤホンではなくヘッドホン。Sennheiserのもうちょっと下のラインナップは特に好みの音でもなかった思い出。しかし店員さんのレコメンド力をナメていた。これはすごい。

  • 低音〜中音域の音作りは素晴らしい
  • 「音場の描写に向いている」とのレコメンド通り、音場重視の音源を鳴らしたときの描写力が良い
    • eイヤの視聴環境はノイズが多くてお世辞にも良くないので本気の評価が難しいのが惜しい
  • 高音はER4SRに対して言えば伸びるため強く感じるが、慣れの問題かなという範疇
  • オープンエアーに近いタイプなので外で使えない

ER4SRの「音源の正確な描写からくる自然な音場感」というより「ドライバーと耳の距離があることによる音場感」の存在が否めないが、まあそれでもいいやと思えるくらい良いヘッドホンだった。

まとめ

どうやら、欲しい音を欲しいままにするためには結構なお金がかかるらしいことは分かった。逆にそれだけER4SRが、こういうリファレンス系の方向では、価格対性能比に優れる数少ないイヤホンだというのがわかった。しかし、装着性・遮音性・音響特性・そもそもの好み、それらすべてを手に入れるのはまだ先になりそうだ。

ところで一つ気付いたのが、「モニター向け」ではなく「リファレンス (reference)」を銘打った機材を探すと割と方向性が合っていたということ。「単に音の誇張が少ないのではなく、人間の聴覚特性に対応したカーブを狙っている」製品群に近づくのかもしれない。まだこの感想に自信がないが、なんとなくそんな感じがする。

*1:人間の聴覚特性は周波数の軸に対してフラットではないので、機材の出力するパワーの分布がフラットだとそれの影響をもろに受けてしまう。これを打ち消す周波数特性が機材には求められる。

*2:よくある灰色スポンジの太いやつではなく、もっと細いうすだいだい色のSKUがある

*3:-35[dB] = 0.0178 なので、 (1 - 0.0178) * 100 = 98.2[%]

*4:耳型を取って作る特注品ではなく汎用品なのでTo-Goの名がある

*5:-26[dB] = 0.0501 なので、 (1 - 0.0501) * 100 = 95.0[%]

*6:人間の音の大きさの感じ方は対数的なので、3%の差は非常に大きい