住んでてわかる岡山県、離れてわかる岡山県。

これは 大都会岡山 Advent Calendar 2016 16日目の記事です。前回はlittlebustersさんの 「地方のとあるSIerのデザイン事情」でした。

f:id:puhitaku:20160506052719j:plain

こんにちは、自称プロの岡山県民ことpuhitakuです。 「プロの岡山県民」って書いたのはノリと勢いなので、岡山県に生まれ育っただけでプロ要素なんにも無いです。あと担当日を間違えて執筆が遅れてしまいました。すみません。

大都会岡山ACは長いこと存在してたっぽいですが、 id:to_tu さんに教えていただいて初めて知りました。ネットで「岡山」の文字を見る時って、大体「大岡山」って書いてあることが多いから意識して読まないんですよね〜。ともかく、今まで岡山県についてちゃんと文章にしたことがないので今回はちょっと長くなりそうです。

続きを読む

Mayonnaise(マヨネーズ)という単語のアツさを語ろう

この記事は denari01 Advent Calendar 14日目の記事です。

そういえばこんな下書きが

5ヶ月ぐらい前にでなりとマヨネーズの活用(言語的な意味で)について話してて、未完成のまま行き倒れてた記録を発掘したので投稿してみる。

ここから下は当時の文章 + 加筆である。

マヨネーズ

先日弊社オフィスにて id:denari01 とデブいマヨネーズ談義をしていたところ、mayonnaise という単語のアツさを発見したのでメモしておく。

実はこの mayonnaiseという単語、英単語として極めて高いポテンシャルを有しているのだ。

mayonnaisable (adj.)

事の発端はお昼ごはん。弊社の上の階で弁当をよそっていたところ、でなりが

「今日は唐揚げか、めっちゃマヨネーザブルじゃん。」

とイケイケな横文字を繰り出してきた。書き下すならば mayonnaisable。なんだそれ。-ableで終わっているということは形容詞か。

「おかずがマヨネーズと合うか・かけることができるかみたいな。」

ほう…??

一介のデブとしては放っておけないニオイのする言葉である。

mayonnaisability (noun)

彼は続ける。

「あww マヨネーザビリティww マヨネーズとどれくらい合うか、みたいなwww

あっ、なるほどね!つまり -able を -ability と入れ替えて名詞にしてやれば、

「唐揚げはmayonnaisabilityが高い」

みたいな表現もできちゃうと。なるほどなあ。頭良すぎかよ。

心に浮かぶじゃがいもやウインナー。ドイツ。だめだ連想してたら腹減ってきた。

mayonnaise (verb)

なんてことだ。マヨネーズがどれくらい合うかの指標さえも単語の活用で表現できてしまうとは。 最終的に一回転して、mayonnaise は動詞 (verb) ということになる。

受け身にすれば、

  • mayonnaised (adj.): マヨネーズを添加された状態

になるし、

-erとかde-とかつければ

  • mayonnaiser (noun): マヨネーズを添加し調味する機械・器具
  • demayonnaise (verb): マヨネーズを除去すること

みたいな変化もさせられる。

例文

It must be mayonnaisable! (これ絶対マヨネーズ合うよ!)

Keep quiet. He is mayonnaising now. (静かに!彼は今マヨネーズ中よ。)

次回はNKMR6194の担当です。

拡大するSlack Emoji社会に生きる大人へ。

この記事は「kosen10s Advent Calendar」13日目の記事です。 前回はサカシンパイセン @NKMR6194 の「#kosen10s LT #6 に参加してきた」でした。

ACのハイライトが続くので本編から読みたい方はこちら

前の記事

前回のkosen10s AC担当日は「Slack絵文字プログラミング言語 SlackMojicode」という自分でも何言ってんのかわからないエントリを投稿した。徹夜で実装し記事を書いたがとても楽しかった。ちなみに後日 id:denari01 と記事の話をしたら「え?あれEmojicodeを改造したんちゃうん?」と根本的に勘違いしてる返答をされたのはここだけの話。

www.zopfco.de 「なんだこれ…」とか「キモい」など暖かい感想をたくさんいただきました。ありがとうございます!

ハイライト

次は絵文字じゃないまじめな話題を喋りたかったのでカレンダーを改めて見てみた。「熱く訴えたい話題は無いか…」心の中は完全に真剣20代しゃべり場である。

ところが、10s勢は日本語から離れた場所で生きている事を完全に忘れていた。というのも自分が担当する日の「簡単な説明」の半分くらいは説明になっていないのだ。下に全部並べてみる。

続きを読む